マジワンが運営するダイレクトマーケティング研究室

新しい決済方法について[独自調査]

今回は、決済方法について独自調査を行いましたので、お伝えしていきたいと思います。

最近では、〇〇Payと呼ばれる新しい独自の決済方法が普及してきています。広告主様からもそういった決済方法を導入したほうがいいのか?という質問が増えてきました。この質問については、多くの企業様で導入をきっかけに購入が増えたという情報が出てきており、導入はできるならばしたほうがいいと言う考えになってきておりますが、消費者側がどのような同行にあるかという点は、あまりデータとしては聞きません。

今回は、当社のパートナーである日本トレンドマップ研究所様の協力で消費者の決済方法に関する調査を行いました。

上記が、今回のリサーチをまとめたグラフとなります。
調査方法に関して インターネットのアンケート調査(回答者数が603人)

まずこの独自の電子決済サービスに関する利用意向については、導入から比較的日が浅いにも関わらず、全体において10パーセント程度になるほど普及してきているという点が一番大きいポイントかなとは思っています。複数回答という点はありますが、少なくとも代引きと並ぶくらいのスコアにはなってきているというのは重要です。

もう1つ驚くべきことは、半年に1回しか購入されない方が7.4パーセントというのに対して、週に1回程度通信販売を利用される方は、この電子決済サービスの利用方法を利用したいという割合は22パーセントを越えてくるということなんです。つまり通信販売をよく利用する方ほど、新しい電子決済サービスにたいする利用意向が高いということになります。

ダイレクトマーケティングにおいても、定期コースおよびサブスクリプションのサービスを展開される企業にとっては、利用頻度の高い方をターゲットにしていることになるので、こういった新しい電子決済の方法が重要になります。今後、徐々にこの傾向は高まる可能性が高いと思いますので、今導入を考えている方はこういった情報も参考にしていくのが良いとおもいます。
今回は、日本トレンドマップ研究所様の協力をえて、独自調査をさせていただきました。

今後も必要な調査がありましたら、随時行っていきたいと思いますので、こういったことが知りたいということがあれば、問い合わせフォームからでもご意見をお寄せいただければと思います。